車社会の安全のために
インフォメーション
  • 2020.7.4 9月27日実施の空気圧充てん特別教育講習会受付開始
  • 9月27日 関東工業自動車大学校にて空気圧充てん特別教育講習会を実施します

    ※現在鋭意募集中です。
    募集定員は50名(先着順)です。定員に達し次第締め切りいたします。
    募集の締め切り日は9月10日です。


    下記の新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインを必ずご確認ください。

    新型コロナウイルス感染予防対策


    受講をご希望の方は、下記のリンクより必要書類をダウンロードをしていただき、ご確認の上お申込みください。

    タイヤ空気充填業務の作業者に対する安全教育のご案内

    自動車整備士の方の空気充てん業務特別教育講習会について

    タイヤ空気充填業務特別教育講習申込書

    空気充てん受講料について

    修了証明書カードの発行について

  • 2020.5.22 埼玉県から「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」を行った団体として認定されました
  • 「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」の認定書の交付を受けました。

    埼玉県タイヤ商工協同組合、埼玉県から「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」を行った団体として認定され、認定証が交付されました。
    埼玉県では、県内の企業・団体に対し、新型コロナウイルス感染拡大防止を徹底するガイドラインを「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」として作成してもらう仕組みを作り、感染防止の取組を皆で進めることで多くの事業者の社会経済活動を促し、県民にとってもより安心して暮らせる環境づくりを進める、としています。
    埼玉県タイヤ商工協同組合では、各組合員事業所がこの宣言の内容に取り組み、宣言書の店内掲示やホームページへの掲載等を通して、感染対策に万全を期していることを積極的に広報いたします。

    埼玉県タイヤ商工協同組合 彩の国『新しい生活様式』安心宣言(PDF)

  • 2020.4.15 5月17日実施の空気圧充てん特別教育講習会は中止といたします
  • 5月17日に予定していた空気圧充てん特別教育講習会は中止とさせていただきます。

    新型コロナウイルス(COVID-19)の感染症拡大防止のため、受講者の方々をはじめとした関係各位の安全を考慮し、開催中止を決定致しました。すでに受講料をお支払いの方には順次返金対応をいたします。
    次回開催は来秋の予定ですが新型コロナウイルスの状況により変更になる可能性もございます。
    詳細は決まり次第こちらのホームページで告知いたします。

  • 2019.10.20 空気充てん特別教育講習会実施
  • 関東工業自動車大学校にて実施 修了者19名

    次回は来春ごろに実施する予定です。※日程は予告なく変更する場合がございます。
    詳細が確定次第こちらのページでご案内いたします。

  • 2019.6.8 「タイヤチェックで燃費アップ!~エコドライブとエコライフ~」キャンペーン実施
  • 今年もさいたま市と共同でイオンモール与野にて実施いたしました。

    自動車48台のタイヤ点検を実施いたしました。

  • 2019.6.2 空気充てん特別教育講習会実施
  • 関東工業自動車大学校にて実施 修了者54名

    次回は来秋ごろに実施する予定です。※日程は予告なく変更する場合がございます。
    詳細が確定次第こちらのページでご案内いたします。

  • 2019.3.10 第40回 総会
  • 大宮 東天紅にて第50回総会を開催いたしました

    全ての議題が承認され、新年度が無事スタートいたしました。
    総会後、大勢のご来賓をお招きして新年懇親会を盛大に挙行いたしました。
    御礼申し上げます。誠にありがとうございました。
    第50回記念大会として組合員皆様に電波掛時計を贈呈いたしました。

  • 2018.10.21 空気充てん特別教育講習会実施
  • 関東工業自動車大学校にて実施 修了者50名

    次回は来春ごろに実施する予定です。※日程は予告なく変更する場合がございます。
    詳細が確定次第こちらのページでご案内いたします。

  • 2018.6.9 「タイヤチェックで燃費アップ!~エコドライブとエコライフ~」キャンペーン実施
  • 今年もさいたま市と共同でイオンモール与野にて実施いたしました。

    自動車37台のタイヤ点検を実施いたしました。

  • 2018.5.20 空気充てん特別教育講習会実施
  • 関東工業自動車大学校にて実施 修了者60名

    次回は来秋ごろに実施する予定です。※日程は予告なく変更する場合がございます。
    詳細が確定次第こちらのページでご案内いたします。

  • 2018.4.11 タイヤの日イベント実施しました
  • 東北自動車道 羽生パーキングエリア内

    4月11日(水)12:00~16:00
    タイヤ点検と空気圧チェックを実施しタイヤの適正使用、空気圧管理の重要性についての交通安全啓発をいたしました。
    埼玉県タイヤ商工協同組合・JATMA・NEXCO東日本・タイヤメーカー・埼玉県警察 総勢60名による大規模な活動となりました。

    点検実施車輌45台
    何らかの西部不良が確認された車輌7台
    整備不良件数7件(空気圧不足6件、サイドひび割れ1件)

  • 2018.3.11 第49回 総会
  • 大宮 東天紅にて第49回総会を開催いたしました

    全ての議題が承認され、新年度が無事スタートいたしました。
    総会後、大勢のご来賓をお招きして新年懇親会を盛大に挙行いたしました。
    御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

  • 2017.10.22 空気充てん特別教育講習会実施
  • 関東工業自動車大学校にて実施 修了者35名

    次回は来春ごろに実施する予定です。※日程は予告なく変更する場合がございます。
    詳細が確定次第こちらのページでご案内いたします。

  • 2017.6.17 「タイヤチェックで燃費アップ!~エコドライブとエコライフ~」キャンペーン実施
  • 今年もさいたま市と共同でイオンモール与野にて実施いたしました。

    自動車40台のタイヤ点検を実施いたしました。

    当日配布されたチラシは下記より閲覧いただけます。

    タイヤのメンテナンス、ご購入はタイヤ専門店で!!

    メッセージ

    タイヤはどこでも売ってますが、誰にでも販売できる商品ではありません。

    最近はいろいろなお店でタイヤを購入することができるので、タイヤに伴う作業は特別な技術を必要としないと思われがちですが、実は正しい知識と豊富な経験が必要であり、大変危険が伴う作業です。特に最近はタイヤの性能アップに伴い、さらに難しい技術や機械も要求されるようになってきています。

    本来、皆様に“安全”“安心”をご提供することがタイヤを販売するものとしての義務ですが、タイヤの販売経路が私どもタイヤ専門店以外にも多岐に渡り、知識がない、経験が浅いということで、安全性を損なう形でタイヤ販売をしているケースも決して少なくありません。

    また、作業する者にとっても、知識がない、経験が浅いなどでタイヤ交換作業時に事故を起こし、毎年死亡者や大ケガをする作業者も後を絶ちません。

    私たち埼玉県タイヤ商工協同組合は、タイヤのプロフェッショナルとして、この状況を憂えております。
    私たちは、空気充填業務というタイヤ専門店以外の作業者の皆様を対象とした安全教育講習会の実施や毎年4月8日のタイヤの日には一般ドライバーの方を対象とした安全啓蒙活動などを通し、お客さまにとっても、作業者にとっても、タイヤを安全に販売する環境を整備していくことが使命であると考えております。

    タイヤは正しい知識と技術を持ったお店で必ず購入して下さい。よろしくお願い致します。

    トピック

    組合員の皆様へ
    議案中より重要と思われる事項に関して抜粋してご報告致します。

    ①国家資格タイヤ整備士制度の復活
    議長(菅井会長)より、現状では二養講習受講者(登録試験受験者)の確保が出来ないことから、各組合におけるタイヤ整備士二養講習の開講を休止することとし、それに伴ってタイヤ登録試験も実施されない予定(今後、(社)日本自動車整備振興会連合会の登録試験運営専門委員会を経て登録試験中央委員会にて正式決定)であるが、今後も未だ先は長いが皆さんにいろいろご協力をいただきながら推進していきたい、との報告がありました。

    ②青年部協議会の件
    青年部協議会から連合会への提案として、下記項目が挙げられ旨説明があった。

    • 国家資格タイヤ整備士制度の復活
    • タイヤ空気充填講習同様、ハブボルト締付講習も全タ協連が主催し、両講習修了者に認定証を発行する。他にも「タイヤメンテナンス講習」や「タイヤ足回り講習」等様々な講習を開催し、車のトータルアドバイザーになれるようなバッチ制度を創設。
    • 乗用車・大型車を含めた締付トルク管理(作業点検)票の作成。
    ③組合要望事項に関する件
    事務局より、会員組合から、販社直営店によるTB整備料金の廉価攻勢について実態報告があり、特定地域だけの問題ではなく、全国的な問題であるので連合会で取り上げ、アクションを起こしてほしい旨要請があった件について、具体例を含めて報告があった。
    続いて、各地域の状況報告を含め種々意見交換が行われた結果、要請のあった会員組合に対し改めて当該販社との話し合いを促すと同時に、連合会としてタ販連に申し入れをする事で意見の一致を見た。
    ④タイヤマイスター制度
    日野口理事より静岡県組合で検討を進めている「タイヤマイスター制度」について、資料に基づき説明があった。発足にあたり留意点として、下記を挙げ業界発展を目指す。
    • タイヤの取り扱いに従事し、プロとしての自覚を持つ事。
    • タイヤに関する知識を高め、常に最新の情報を得る努力を惜しまないこと。
    • 環境問題に興味を示し、法令順守を心がけること。
    • 啓蒙活動に積極的に関わり、社会貢献に努めること。
    制度の内容・規定については、全国タイヤ商工共同組合連合会と調整し、静岡県タイヤ商工協同組合により順次決定して行く予定である。